はじめてでもわかりやすい!

ヨーロッパのブランド食器の世界

有名ブランドの特徴 イギリス

バーレイ|イギリスの豊かな自然を思い起こさせる優美なデザインの数々

更新日:

「イギリスの陶器ブランド」と言ったら、まず始めに思い浮かぶのはやはり、ウェッジウッドかもしれませんね。でも、イギリスには、ウェッジウッドの他にもすばらしい陶器ブランドがたくさんあるんですよ。今回は、イギリスの陶器ブランドとして日本でも人気が出てきている「バーレイ」を紹介したいと思います。僕はイギリスに来るまで全く知りませんでしたが、数々のパターン(柄)もその歴史も奥が深く、興味深いブランドです。

出典:european-tableware.com

 

美しいパターンとはうらはらに、幾多の困難を乗り越え、伝統の製法を守ってきた

バーレイは、1851年に陶器の里ストーク・オン・トレントに設立されました。1862年にウィリアム・レイとフレドリック・ラスボーン・バージェスに引き継がれ、バージェス&レイ社になりました。バーレイという名前は、二人の苗字を組み合わせたものに由来しています。

バーレイの陶器は、「銅板転写」技術を用いて作られています。「銅板転写」とは、模様が彫られた銅板に「ティッシュ」と呼ばれる薄い転写紙に柄を転写し、それを陶器に張り付けるもの。ここバーレイでは、ヴィクトリア時代から約160年経った今なお、当時の伝統を守り続けています。

ところで、バーレイと言えば、愛らしい柄の陶器のパターンが特徴の人気ブランドですが、その可愛らしさと裏腹に、その軌跡は決して平坦なものではありませんでした。

1880年代当時、バーレイは、工場レイアウトや導線のよさ、また、廃棄物や環境汚染を減らす技術革新などで最先端を走っており、「スタッフォードシャー(ストーク・オン・トレント一帯)の陶工業において模範となる窯元」として評価されていました。

出典:european-tableware.com(陶器で再現された当時の工場の様子)

ニューヨークや南アフリカにも支社を出すなど、積極的にグローバル展開もしていました。現在では見られないシノワズリ(中国など東洋にインスパイアされた図柄)や人や動物をモチーフにした多色使いの水差しなど、さまざまな種類の陶器が製造されていました。

出典:european-tableware.com(上の段の両端のティーポットには、着物を着た女性が。右上の青いティーポットは日本にインスパイアされて「芸者(Geisha)」と名付けられている)

出典:european-tableware.com(現在のバーレイからは少しかけ離れた複雑なモチーフの陶器が生み出されていた)

しかし、第一次世界大戦後、イギリスは不況に陥り、時代も変化していきます。家の中にトイレが設置されるようになって、寝室に置く陶器製の簡易トイレが廃れたり、食事がサンドイッチやコーヒーなどよりカジュアルになったりするなどして、ディナー用食器セットが売れなくなっていきました。

その後、第二次世界大戦を経てバーレイは、モダンなデザインの商品を世に送り続けていきましたが、競合が世界規模になったことや工業の衰退に伴い、1990年代から徐々に経営が悪化していきます。そこで現れたのがバーレイの陶器や建物を愛するドーリントン夫妻。バーレイに救いの手を差し伸べ、ブランドのリニューアルをし、新たな顧客層にも広がり始めましたが、財政的に厳しい時代がさらに続きます。

2010年に陶器会社デンビー社が買い取りましたが、さらなる苦難がバーレイを襲います。2011年、施設の老朽化が進み、いよいよ深刻な状態に陥ったところを救ったのが英国王室のチャールズ皇太子。皇太子が代表を務めるプリンス・リジェネレーション・トラストのサポートを経て、2014年に生まれ変わったのです。このような歴史を知ると、よりバーレイの一つひとつの陶器への愛着が深まりますね。

 

どこか懐かしく、それでいて洗練された バーレイの陶器たち

出典:european-tableware.com(バーレイのファクトリーショップ店内)

現在、バーレイで作られている陶器は上記の写真のようなものではなく、青やピンク、緑色の愛らしいパターンのものが主流。これらのパターンは創業当時に作られたものや、100年以上経っている長く愛されてきた柄なのです。バーレイの代表的なシリーズを以下、ご紹介します。

 

ブルー・キャリコ(Blue Calico)

バーレイブルーとしてまずご紹介したいのが、このブルー・キャリコ。バーレイの工場の壁にも使われている代表的なデザインです。これは19世紀のインディゴ・ブルーの布にヒントを得て作られたパターン。イギリスのよくあるカントリーサイドの雰囲気をまとったブルーの花柄は、カジュアルにも、パーティーシーンの両方にも使えます。鮮やかなブルー&ホワイトで、日本の食卓にもなじみやすい柄です。

出典:european-tableware.com(ブルー・キャリコ)

出典:european-tableware.com(バーレイ工房の壁に掛けられたブルー・キャリコ柄)

 

ブルー・アジアティック・フェザンツ(Blue Asiatic Pheasants)

花とキジをモチーフにしたエレガントなパターン。バーレイ創業の約10年後の1862年に生まれて以来、人々に愛され続けています。ブルー・キャリコとは対照的に、淡いブルーはテーブルを上品に彩ってくれます。

出典:european-tableware.com(ブルー・アジアティック・フェザンツ)

 

ブルー・リーガル・ピーコック(Blue Regal Peacock)

「王のクジャク」という意味をもつブルーのシリーズ。1913年に生まれ、そのこの上なく美しいパターンがメアリー王女の目に留まることとなりました。以来、人々の心を魅了しています。

出典:european-tableware.com(ブルー・リーガル・ピーコック)

 

バーレイはブルーだけじゃない!好みの色を選んで

バーレイのよいところは、ブルーだけでなく、赤、ピンク、緑、黒など、いろいろな色で展開しているところ。例えば、ブルー・キャリコならぬ、「レッド・キャリコ」もあります。あなたのライフスタイルに合う色の陶器を選ぶことができるのもバーレイの魅力のひとつです。

出典:european-tableware.com(レッド・キャリコ)

出典:european-tableware.com(グリーンとピンクの展開)

このほかにも、アジアンテイストな「ブラック・ウィロー」、サンザシの花をモチーフにした「ブルー・アーデン」などさまざまなパターンもあります。また、ロゴをモチーフにしたものも。どれもバーレイらしさがそこはかとなく感じられますね。

ぜひ一度、手に取ってみてはいかがでしょうか?英国の田舎ののどかな雰囲気を感じられるその魅力にはまるかもしれませんよ。

出典:european-tableware.com(ロゴをモチーフにしたもの)

出典:european-tableware.com(牛の形をしたユニークなミルク入れ)

 

参考資料

バーレイ公式ウェブサイト

バーレイ公式本 Middleport pottery - Home o Burleigh-

-有名ブランドの特徴, イギリス
-,

Copyright© ヨーロッパのブランド食器の世界 , 2018 All Rights Reserved.