はじめてでもわかりやすい!

ヨーロッパのブランド食器の世界

洋食器にかかわる観光スポット イギリス

ザ・サヴォイ|イギリスの5つ星ホテルで味わう伝統的なアフタヌーン・ティー

更新日:

数々の著名人をもてなしてきた名門ホテルで、優雅なアフタヌーン・ティーを

ウェッジウッドの美しいティー・カップでおいしい紅茶をいただきながら、スコーンやケーキを楽しむ・・・一生に一度は、本格的なアフタヌーン・ティーを体験してみたいものですよね。イギリスではカフェでも楽しめますが、せっかくなら、名門ホテルで伝統的なアフタヌーン・ティーをしてはいかがでしょうか?

ロンドンにはアフタヌーン・ティーを楽しめる場所がありますが、中でも有名なのが名門5つ星ホテルのザ・サヴィ。ロンドンの中心に位置し、テムズ川のほとりにある、1889年創業の歴史あるホテルです。

これまで、チャーリー・チャップリン、マリリン・モンローや、オードリー・ヘップバーンなど数々の著名人や王族、国家君主など世界のVIPに愛されてきました。2010年に約300億円をかけて大改装を行い、開業した19世紀当時のクラシカルな雰囲気を残しつつ、現代のトレンドを加えた新たな空間に生まれ変わりました。

出典:european-tableware.com(ザ・サヴォイのエントランス)

 

特注のウェッジウッドのティーセットや豪華な調度品に囲まれて、一流の時間を

今回、このザ・サヴォイのアフタヌーン・ティーを体験してきました。ハロウィン前ということもあり、ホテルで僕たちを出迎えてくれたのは、オレンジ系で美しくデコレーションされた花々。

出典:http://european-tableware.com(ティールームのエントランスに飾ってあったフラワーアレンジメント)

また、ホテルの調度品もすばらしく、案内を待っている間にも胸が高まります。

出典:european-tableware.com(アフタヌーン・ティールームの受付横のスペース。ティーセットの絵が素敵です)

ティールームは、高い天井から自然光がふわりと注ぎ込む、落ち着いた空間です。席に座ると、係の方がアフタヌーン・ティーの内容を丁寧に説明してくれました。お茶は紅茶やフレーバーティー、緑茶ブレンドなど25種類から選べるとのことですが、僕はサヴォイのアフタヌーン・ティー専用に作られたオリジナル・ブレンドを注文。渋みは一切ない上品な味わいなうえ、紅茶が少なくなったタイミングで係の方が入れてくれるので、紅茶が進みます。

ティーセットは、サヴォイがウェッジウッドに特注したもので、ラグジュアリーな雰囲気を盛り上げてくれます。

出典:european-tableware.com(サヴォイがウェッジウッドに特注したティーセット)

 

憧れの三段ケーキスタンドに飾られた サンドイッチとスコーンをいただく

いよいよ、アフタヌーン・ティーが始まりました。三段ケーキスタンドの一番下にはスコーン用のクロテッド・クリームやレモンカードというレモン風味のジャムとイチゴジャムが、真ん中の段にはサンドイッチ、一番上の段には、冷めないように布で包まれたスコーンが2種類(プレーン・レーズン入り)。

出典:european-tableware.com(三段ケーキスタンドに載せて運ばれてきたサンドイッチとスコーン)

こんなにきれいな丸い形をしたスコーンを見たのは初めてです。サンドイッチはキューカンバとミント、ハムとチャツネ、コロネーションチキン(カレー風味のチキン)、卵サンド、サーモンの5種類あり、おかわり自由です。もちろん、スコーンもおかわりOKです。

出典:european-tableware.com(コロンとしてキレイに輝くスコーン)

 

5種類のケーキの中には、日本にインスパイアされたものも!

徐々にお腹いっぱいになってきたころ、ケーキが給仕されてきました。5種類から選べるとのことですが、せっかくなので、全部味わってみることに。驚いたのは、抹茶やごま、ゆずを使用したケーキがあったこと。他はモンブランや、ベリー系のケーキ、パイナップルを使ったケーキ、マンゴー風味のケーキなどそれぞれ繊細に手をかけて作られたものばかりでした。

出典:european-tableware.com(5種類のケーキ。手前の白いケーキは抹茶やゆず、ごまを使用したケーキ)

途中、ピアノの生演奏が始まりました。日常の忙しさを忘れる優雅な音色です。お誕生日記念で来ている方も多いのか、ピアノでハッピーバースデイの曲が奏でられ、それと同時にお祝いのプチケーキがテーブルに運ばれていました。事前に予約すると、このような特別対応をしてくれるのだそうです。お腹がいっぱいになったころ、別の紅茶を注文し、一息いれたところで、退出の時間になったのか、お会計の明細がテーブルに運ばれてきました。

出典:european-tableware.com(ティータイムの途中から始まるピアノの生演奏)

 

これからサヴォイでアフタヌーン・ティーを楽しみたい方必見!予約前に知っておきたい5つのこと

一流ホテルサヴォイでのアフタヌーン・ティーは、夢のような時間でした。これからサヴォイでアフタヌーン・ティーをする方が夢のような時間を思う存分、楽しめるように、僕の経験を踏まえて、予約前に知っておきたい5つの注意点をお伝えします。

まず、1つ目は予約について

人気店で予約が取りにくいそうなので、どうぞ予約はお早目に。僕は10月末の日曜午後に訪問しましたが、その3か月前に席を予約しました。日曜の午後は超満員というわけではありませんでしたが、それなりにお客さんが入っていました。

2つ目は、服装です

ドレスコードは「スマートカジュアル」が推奨されています。加えて、スニーカーやスポーツウエアはご遠慮くださいとありました。多くの女性はワンピースを、男性はジャケットを着用していました。このようなドレスコートがある中で、Tシャツで来店していた人もいましたが、残念ながら少し目立っていました。

3つ目は時間制限について

サヴォイは時間制限なしと聞いていましたが、実は、オンライン予約後の画面では、「1時間45分」でテーブルを開けてください、つまり退出してくださいと注意書きがありました。僕たちが入店して2時間後の15時前には、確かに次のお客さんたちが大勢来ていたので、基本的にアフタヌーン・ティーは2時間弱と考えていたほうがよさそうです。

4つ目は、メニューについてです

他の方の書かれたサヴォイ体験談などでは、5種類のケーキの後にも焼き菓子などが出てきたと書いてありましたが、僕が行ったときには出てきませんでした。サンドイッチ5種類、スコーン、ケーキ5種類ですでにお腹がいっぱいだったので、いいのですが、食べるペース配分を考えるためには欠かせない情報なので、これから行かれる方は事前にメニューを確認したほうがよいかもしれません。

最後となる5つ目は、クリスマス時期についてです

11月末から1月1日まではクリスマスの特別仕様のアフタヌーン・ティー(Festive Afternoon Tea)になるようで、通常60ポンドのところ、68ポンドに値上がりするようです。8ポンド(約1,200円)高くなりますが、クリスマスのきらびやかなデコレーションの中で、期間限定のケーキを味わえるなら、ますます素敵な思い出になるかもしれませんね。

いかがでしたか?ぜひ一度、英国の伝統を感じられる空間に足を運んでみてくださいね。

 

基本情報

The Savoy,Thames Foyer

Strand,London,WC2R 0EU

最寄り駅:チャリング・クロス(Charing Cross)駅

※アフタヌーン・ティーは月~日の13:00~17:45

 

参考資料

The Savoy -Thames Foyer Afternoon Tea

Afternoon Tea Awards 2017

-洋食器にかかわる観光スポット, イギリス
-,

Copyright© ヨーロッパのブランド食器の世界 , 2018 All Rights Reserved.