はじめてでもわかりやすい!

ヨーロッパのブランド食器の世界

有名ブランドの特徴 デンマーク

ロイヤルコペンハーゲン|世界一豪華なディナーセットを生み出した、デンマークが誇る王室ゆかりの窯

更新日:

ひとりの化学者の執念が実を結んだ開窯

1710年に、ドイツのマイセンがヨーロッパで初めての硬質磁器の製造に成功してからというもの、その製法はオーストリアイタリアフランス等にも伝わり、いくつもの書籍でも紹介されていました。

また、原料として必須であったカオリンに関しても、デンマークでは、最初はフランス・リモージュのものを輸入していましたが、1755年にボーンホルム島(Bornholm)で発見されています。

出典: depositphotos.com (ボーンホルム島)

鉱物学を専門とする化学者であったフランツ・ヘンリック・ミュラー(Frantz Heinrich Müller、1732-1820)も長い間、珪石・カオリン・長石を原材料として、硬質磁器の試作を続けてきました。それにも関わらず、論理的な知識だけでは磁器製造にはほど遠く、小さな窯の前でミュラーは多大な時間とお金を費やしたそうです。

1774年になって、ようやく、ミュラーはデンマーク初の磁器工場の開業を実行に移そうとしますが、投資家としてこの計画に興味を示すものはほとんどありませんでした。

この状況が一変したのが、ユリアーネ・マリー王太后とその息子フレデリック王子による工場の株式購入。

出典: Wikipedia (フレデリック王子の肖像を持つユリアーネ・マリー王太后)

ユリアーネ・マリー王太后は、デンマーク王室のフレデリック5世の2番目の王妃です。彼女は王妃時代には目立つ存在ではありませんでしたが、夫が亡くなり、1772年に息子が皇太子になると、彼女は裏で息子を操ることで実権を握るようになっていました。

また、彼女の実兄であり、神聖ローマ帝国の領邦国家のひとつブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公であったカール1世(Karl I., 1713-1780年)は、経済政策に関心が強く、ドイツで2番目に古い磁器工場であるフュルステンベルク磁器会社を起こした人物でもありました。

出典: Wikipedia (カール1世)

兄の磁器工場の名声にも感化されたユリアーネ・マリー王太后の支持を受け、1775年に"The Royal Danish Porcelain Manufactory"、後のロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)が開窯されました。最初の工場は郵便局を転用したもので、磁器製造に関して50年間の独占権が与えられたそうです。

 

ユリアーネ・マリー王太后の発案による唯一無二のブランドマーク

1775年、第一回役員会議で、ブランドロゴマークが決められました。

磁器製造に強い興味を示していたユリアーネ・マリー王太后からの発案もあり、工場のブランドマークとして、デンマークを囲む主要海峡、大スンド海峡、大ベルト海峡、小ベルト海峡を表す三本の波線を施し、工場が王室と関係があることを強調するために王冠の刻印も施されました。

出典: ロイヤルコペンハーゲン公式サイト

この王冠は時代とともに変化し、ブランドの製品の歴史を歩むことができます。年代ごとに探して集めてみるのも楽しいですよ。ハンドペイントで描かれたブルーのラインは、240年の歳月を経た現在でも心に沁みいる芸術作品です。

 

19世紀になってからは経営が大きく変遷

こうして皇室窯として開窯にこぎ着けたロイヤルコペンハーゲンですが、18世紀末から19世紀初めにかけておきた、フランス革命ナポレオン戦争による王制・貴族制の崩壊と新興市民層の勃興、イギリスでの産業革命による経済競争の到来等の波をうけます。

デンマークも1848年には立憲君主制(憲法によりその権力の行使が制限された君主制)となり、1868 年にはロイヤルコペンハーゲンも、ロイヤルの称号は残したまま、経営は民間に委ねられることになります。

その後、1882 年には、ロイヤルコペンハーゲンは、ファイアンス(錫釉陶器)工場のアルミニア社(Aluminia)に買収され、その拠点をコペンハーゲンの中心地にあるフレゼレクスベア(Frederiksberg) に移します。

近年では、1972年に、同じくデンマークのコペンハーゲンに本社を置く銀器ブランドの「ジョージ・ジェンセン(Georg Jensen)」に買収されたのち、1985年には王室御用達ガラスブランド「ホルムガード(Holmegaard)」、1987年にはデンマークで2番目に古い磁器工場「ビング・オー・グレンダール(Bing & Grøndahl)」と合併することになり、これらデンマークを代表するテーブルウェアブランドとともに、「ロイヤルスカンジナビア(Royal Scandinavia )」グループを形成するようになります。

しかし、このグループも、投資ファンドに売却されたのち、2012年からは、イッタラやアラビアなどのブランドを多数抱えるフィンランドの老舗企業グループ、「フィーカス(Fiskars)」に買収され、現在に至っています。

生産に関しても、現在、その大部分はタイに移されてしまいましたが、ロイヤルコペンハーゲンの変わらない技術力と、芸術性の高さ、は世界中の愛好者を楽しませています。

 

ロイヤルコペンハーゲンを代表的するシリーズ

フローラ・ダニカ(Flora Danica)― 世界一豪華なディナーセット

フローラ・ダニカは、ロイヤルコペンハーゲンの伝統を受け継ぐ最も重要で革新的なパターンの一つです。創立初期ん、フレデリック王子が当時親交の深かった、ロシアの女帝エカテリーナ2世に献上するために作られたディナーセットです。

出典: ローゼンボー城公式サイト(フローラ・ダニカのオリジナル)

1761年に初版が出版された「フローラ・ダニカ植物図鑑」に掲載された2600点もの植物を、一点一点すべて手作業で食器に描く、という壮絶な企画で、絵付師のゲオログ・クリスチャン・バイエルがたった一人で描き写す作業を続けました。

出典: The Royal Library (フローラ・ダニカ植物図鑑)

出典: ロイヤルコペンハーゲン公式サイト (フローラ・ダニカ)

ところが、12年の歳月をかけ1802点を書き終えたところでエカテリーナ2世が他界し、この企画は中断されます。しかも、満足な照明もない時代に、緻密な描写を続けたためか絵付師バイエルは、失明することになってしまいました。

オリジナルは現在、クリスチャンボー宮殿(Christiansborg Palace)、アマリエンボー宮殿(Amalienborg Palace)、ローゼンボー城(Rosenborg Castle)に国宝として保管され、このパターンの食器は現在もデンマークの公式晩餐会の食器として使用されています。

「フローラ・ダニカ」に始まる植物柄の伝統的なパターンは、現在は、「フローラ」シリーズとして引き継がれ、今摘み取ったばかりのような花の瑞々しさを描いたこのデザインに、絵付師バイエルの苦労を偲ぶことができます。

出典: ロイヤルコペンハーゲン公式サイト (フローラ)

 

ブルーフルーテッド プレイン(Blue Fluted Plaine)― ロイヤルコペンハーゲンに欠かせない定番シリーズ

この美しいブルーで描かれたパターンは、ロイヤルコペンハーゲンが開窯して一番最初に描かれたパターンです。それゆえ、パターンNo.1とも呼ばれ、今日に至るまでブルーフルーテッドプレインの裏には数字の1が描かれています。

出典: ロイヤルコペンハーゲン公式サイト (ブルー・フルーテッド)

18世紀のヨーロッパでは、ブルーのハンドペイントが圧倒的に多い中国に学び陶磁器の製造・装飾が始まり、当時、菊の花が中国でとても人気のあるモチーフでもあったため、ロイヤルコペンハーゲンでも、図案化された菊やキジムシロの花がモチーフとなっています。また、表面のレリーフは、「Musselmalet」(デンマーク語で「二枚貝に描いた」という意味)とも呼ばれ、まるで貝殻の表面のような味わい深さを生み出しています。

開窯当初から製造されてきたブルーフルーテッドシリーズではありますが、これの価値を一躍高め、世界的な名声を勝ち得るまでに洗練させたのは、アートディレクターとして任命されたアーノルド・クロー(Arnold Krog、1856-1931)。

出典: Wikipedia (アーノルド・クロー)

彼は、釉薬の下に絵付けを施すアンダーグレイズ(下絵付け)に使用できる色彩の開発に成功しを開発し、アンダーグレイズ技法にもかかわらず、風景画や自然界を描写した装飾を可能としました。

ちなみに、グレイズとは“釉薬”で、生地の上にかけガラス化することで、陶磁器を強化し汚れや水漏れ防止をするコーティング剤としての役割があります。従来のアンダーグレイズでは、素焼きの生地表面が荒いため繊細な絵付けが難しく、また本焼きの高温に耐えられる絵の具が限られるため色鮮やかな描写が難しいという欠点を克服し、1889年のパリ万博ではグランプリを獲得。ロイヤルコペンハーゲンの名を世界的なものとしました。

 

イヤープレート(Christmans Plate)― 世界中に多くのコレクター

イヤープレートは、ヨーロッパでは「クリスマスプレート」(Christmas Plate)の名で知られています。もともとは、裕福な家庭で働く召使に対して、クリスマス時期に美しい木製・金属製のプレートに盛ったケーキや果物をプレゼントしたことが始まりです。

出典: ロイヤルコペンハーゲン公式サイト (クリスマスプレート 2018年)

1895年に、ビング・オー・グレンダール社が磁器製のクリスマスプレートを発売し、これに続き1908年にはロイヤルコペンハーゲンも販売を開始。以来、100年以上に亘って1年もかけることなく、その年によって伝えたい事や人々の思いを映し出してきました。

クリスマスプレートを特別なものとしているのは、毎年、異なるデザインのプレートが生み出され、またその年の生産数量を作ってしまうと、型が壊されてしまい、同じデザインのものは二度と生産されることがない、という希少性の高さでしょう。

1908年に発売されたイヤープレートの初版は、記念すべき日に相応しいデザインであり、世界中の人を魅了しました。ロイヤルコペンハーゲンの最も特徴のあるブルーを使用し描かれたのは聖母マリアでした。青が聖母マリアの象徴であり白は純粋を表現しています。この初版は、現在では相当な高値で取引されており、世界中のコレクターの話題にもなっています。

出典: DPH Trading (クリスマスプレート、1908年)

メモリアルプレートとして、記念日や様々なシーンでのその瞬間を共に刻んでくれるイヤープレート。お子さんやお孫さんが生まれたその年から始めるメモリアルプレートや自分自身の記念に集めるのも楽しいですね。

 

参考資料

ロイヤルコペンハーゲン 公式サイト

ローゼンボーグ城 公式サイト

Wikipedia

-有名ブランドの特徴, デンマーク
-,

Copyright© ヨーロッパのブランド食器の世界 , 2018 All Rights Reserved.