はじめてでもわかりやすい!

ヨーロッパのブランド食器の世界

「 月別アーカイブ:2018年01月 」 一覧

洋食器とゆかりの深い人物 19世紀

エリザベート|「ヨーロッパ宮廷一の美貌」といわれたハプスブルグ家最後のオーストリア皇后

皇帝にひとめ惚れされオーストリア皇后に エリザベート・アマーリエ・オイゲーニエ・フォン・ヴィッテルスバッハ(Elisabeth Amalie Eugenie von Wittelsbach、1837- ...

洋食器が好きなら訪れたい街 ドイツ

クロイセン|「陶磁器街道」の一角をなす、茶褐色が美しいビアジョッキと壺の名産地

2018/01/29    ,

「陶磁器街道」の一角に位置するクロイセンの歴史と見どころ 皆さんは、ドイツの「陶磁器街道」という名を耳にされたことがあるでしょうか。グリム童話で有名なメルヘンゆかりの町をつなぐ「メルヘン街道」や、古城 ...

洋食器にかかわる観光スポット 日本

「ヘレンド展 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」(パナソニック汐留ミュージーアム・汐留)|ハプスブルク家の美貌の皇后が愛した名窯

約20年ぶりのヘレンド展では、日本初のモチーフも登場 2018年1月13日からパナソニック汐留ミュージアムで始まった「ヘレンド展 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」に行って来ました。2016年 ...

洋食器が好きなら訪れたい街 スペイン

タラベラ・デ・ラ・レイナ|スペイン黄金世紀に発展し、南米メキシコまで渡った「タラベラ陶器」

2018/01/27    ,

タラベラが育んだ陶器文化は南米まで至る タラベラ・デ・ラ・レイナ(以下タラベラ)は、マドリードやトレドの近郊に位置し、人口は9万人程度。カスティーリャ=ラ・マンチャでは4番目、トレド県においては2番目 ...

洋食器が好きなら訪れたい街 フランス

ムスティエ・サント・マリー|エナメルの輝きが美しい「ムスティエ陶器」で知られる、フランスで最も美しい村

2018/01/23    ,

フランスで「最も美しい村」のひとつムスティエ ・サント・マリー村 南仏マルセイユから車で約1時間半、プロヴァンス=アルプ=コート=ダジュール地域圏のアルプ=ド=オート=プロヴァンス県にあるムスティエ・ ...

洋食器が好きなら訪れたい街 フランス

リモージュ|気品あるデザインが特徴の「リモージュ磁器」を生んだ、豊かな自然が息づく街

2018/01/22    ,

リモージュへのアクセスと観光スポット リモージュ(Limoges)は、フランス中部の雄大な山岳地帯オーヴェルニュ地方に隣接した、リムーザン地方の州都です。パリ・オステルリッツ駅からは電車で約3時間。ボ ...

洋食器とゆかりの深い人物 18世紀

アウグスト2世|「マイセン」を誕生させ、ドレスデンを華麗なバロックの街並みに発展させた、精力旺盛な強健王

17世紀後半のドイツという時代背景 ザクセン選帝侯としてのフリードリヒ・アウグスト1世(Friedrich August I)と、ポーランド・リトアニア共和国の王としてのアウグスト2世(August ...

洋食器とゆかりの深い人物 16世紀

フェリペ2世|「太陽の沈まぬ帝国」スペインの絶頂期に君臨した、素朴を好んだ国王

2018/01/20    , ,

スペイン絶頂期に君臨した国王 フェリペ2世(Felipe II、1527-1598)は、絶対君主の代表格にも位置づけられる人物で、スペイン黄金世紀の中でも最盛期に君臨した国王です。 出典: Wikip ...

洋食器とゆかりの深い人物 16世紀

フランチェスコ1世・デ・メ ディチ|ヨーロッパ最初の磁器製造を試みた、スキャンダルまみれのメディチ家当主

2018/01/19    , ,

ルネッサンス期のフィレンツェの金融業を牛耳ったメディチ家の傍系(弟脈)の出身 「メディチ家」と聞くと、何を最初に連想しますか?成金?金融?借金取り?毒薬?殺人?どれもあまり好印象とは言えないものが多い ...

洋食器が好きなら訪れたい街 ドイツ

アンスバッハ|古城街道に位置する優雅なロココ文化が花開いた街で作られるファイアンス陶器

2018/01/18    ,

陶磁器好き必見!華麗なロココ文化を伝えるレジデンツ ドイツ南部に位置するバイエルン州にあるアンスバッハ(Ansbach)の町は、ドイツのマンハイムからチェコのプラハまで100kmにも続き、中世から近世 ...

Copyright© ヨーロッパのブランド食器の世界 , 2018 All Rights Reserved.