はじめてでもわかりやすい!

ヨーロッパのブランド食器の世界

「 月別アーカイブ:2018年02月 」 一覧

有名ブランドの特徴 ポーランド

ザクワディ・ツェラミチュネ・ボレスワヴィエツ|唯一、社名に「ボレスワヴィエツ」という地名を入れることを許された由緒正しき窯

2018/02/26    ,

ポーリッシュ・ポタリーで迷ったら、まずはザクワディ窯の陶器を! 前回、ポーリッシュ・ポタリーのふるさと「ボレスワヴィエツ」の街についてご紹介しました。 「ぽってりとした、温かさが好き」「ポーリッシュ・ ...

有名ブランドの特徴 イギリス

ロイヤルウースター|イギリス陶磁器界で最初にロイヤルワラント(王室御用達)の栄誉を受けた名窯

2018/02/26    ,

イギリスでも1、2を争う長い歴史をもつ名窯 ロイヤルウースター(Royal Worcester)は1751年に創業され、現在も操業を続ける陶磁器メーカーとしては、イギリスでは1、2を争う長い歴史を有し ...

有名ブランドの特徴 デンマーク

ロイヤルコペンハーゲン|世界一豪華なディナーセットを生み出した、デンマークが誇る王室ゆかりの窯

2018/02/25    ,

ひとりの化学者の執念が実を結んだ開窯 1710年に、ドイツのマイセンがヨーロッパで初めての硬質磁器の製造に成功してからというもの、その製法はオーストリア、イタリア、フランス等にも伝わり、いくつもの書籍 ...

洋食器とゆかりの深い人物 18世紀

アウグスト3世と3人の娘|ヨーロッパ屈指の絵画コレクションを築いた父と、陶磁器とゆかりの深い3人の娘

2018/02/23    , ,

思うようにいかなかったアウグスト3世の治世 膨大な磁器コレクションを集め、マイセンを創設するなど、"強健王"として有名なアウグスト2世と、彼の妃クリスティアーネの間に唯一の子どもとして誕生したアウグス ...

洋食器とゆかりの深い人物 17世紀

フリードリヒ1世|「磁器の間」で知られるシャルロッテンブルク宮殿を妻に贈った、見栄っ張りで猫背の国王

2018/02/23    , ,

偉大な父のあとを継いだ“猫背のフリッツ“ フリードリヒ1世(Friedrich I、1657-1713)は、ブランデンブルク選帝侯であったフリードリヒ・ヴィルヘルムと、オランダ総督の娘であった妻ルイー ...

有名ブランドの特徴 イギリス

ロイヤルドルトン|時代と共に移り変わるイギリスのモダンを紡ぐ名窯

2018/02/21    ,

素朴で重厚な炻器(ストーンウェア)の日用品から始まった歴史 1815年、イギリスの首都ロンドンのテムズ河近くの街ランベス(Lambeth)にて、ロイヤルドルトン(Royal Doulton)は産声を上 ...

有名ブランドの特徴 イギリス

ロイヤルアルバート|紅茶をおいしく飲むための究極のシェイプと、イギリス国花の赤いバラ

2018/02/12    , ,

英国王室への愛から生まれた食器ブランド 出典: european-tableware.com 英国らしい優美な花柄が特徴的なロイヤルアルバート。その歴史は1896年、イギリスの陶器の街ストーク・オン・ ...

洋食器とゆかりの深い人物 18世紀

マリー・アントワネット|フランス革命に散った悲劇の王妃は、贅沢三昧で無知だったのか?

2018/02/11    , ,

マリー・アントワネットの悲劇は、輿入れのときから暗示されていた?! マリー・アントワネット(Marie-Antoinette、1755-1793)は、オーストリア皇帝のフランツ1世とその妻マリア・テレ ...

有名ブランドの特徴 イギリス

ポートメリオン|英国キャリアウーマンの先駆けが生んだ自然の魅力あふれるテーブルウェア

2018/02/09    ,

ウェールズの小さな土産物店から始まった、ひとりの女性の物語 ポートメリオン(Portmeirion)は、陶器デザイナーのスーザン・ウィリアムズ・エリス(Susan Williams Ellis、191 ...

有名ブランドの特徴 オランダ

ロイヤル・ティヒラー・マッカム|400年以上も伝統製法を守り続けるオランダのもう一つの「ロイヤル」窯

2018/02/08    ,

オランダ陶器の魅力は、「デルフト・ブルー」だけではありません! オランダの陶器と言えば、デルフト・ブルーが有名で、このサイトでも以前、「ロイヤル・デルフト」を紹介しました。しかし、オランダにはもう1つ ...

Copyright© ヨーロッパのブランド食器の世界 , 2018 All Rights Reserved.