「 ドイツ 」 一覧

洋食器が好きなら訪れたい街 ドイツ

ドレスデン|マイセンゆかりのアウグスト強王が築いた、エルベ河畔にたたずむバロックの古都

第2次世界大戦後、不死鳥のごとくよみがえった文化都市 ドレスデンはザクセン州の州都で、人口約55万人の、エルベ川沿いに開けた美しい古都です。 ヨーロッパで初めて白磁の製造に成功し、マイセン窯を作らせた ...

洋食器が好きなら訪れたい街 ドイツ

バイロイト|ロココの宮廷文化とワーグナーが作ったオペラ劇場の町

辺境伯夫人ヴィルヘルミーネにより花開いたロココ宮廷文化 ドイツ南東部、ベルリンとミュンヘンを結ぶ街道のほぼ真ん中に位置するのが、バイロイトです。 18世紀に優雅なロココ文化が花開いたこの町では、毎年夏 ...

有名ブランドの特徴 ドイツ

KPMベルリン|優雅なロココ調が好きな方におすすめ!18世紀の宮廷文化を今に伝えるドイツの王立窯

2019/08/31    , , ,

「華やかでロマンチックなデザインが好き!」「せっかくティーカップを買うなら、ヨーロッパの貴婦人が使ったようなデザインがいいな」―そう思う方もいるかもしれませんね。 そんなあなたには「KPMベルリン」が ...

洋食器にかかわる基礎知識 ヨーロッパの美術様式

シノワズリ|中国“風”であってパクリではない、東洋への憧れが生んだ美術様式(1560年頃~)

シノワズリ(中国趣味)とは、中国製品の“コピー”ではなく、あくまでも中国“風”のものということで、西洋人の東洋の文化へのあこがれから生まれた西と東の美術のコラボレーションなのです。 中国“風”であって ...

洋食器にかかわる基礎知識 ヨーロッパの美術様式

マニエリスム|ルネサンスの三大巨匠をお手本にして、奇抜な美術様式に発展(1530-1600年頃)

マニエリスムのキーワードは「お手本は巨匠」です。 ルネサンスの三大巨匠を模倣する 15世紀末から16世紀初頭のルネサンス盛期に活躍したレオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロの三大巨匠は、 ...

有名ブランドの特徴 ドイツ

フッチェンロイター|マイセンから正式にブルーオニオン柄を譲り受けた由緒あるドイツの窯

2019/07/05    , ,

「マイセンのブルーオニオンは素敵だけど、ちょっと手が届かないし、普段使うのは気が引ける・・・」。そんな風に思う方もいるかもしれませんね。 しかし、大丈夫です!世界3大ブルーオニオンと誉高い窯の1つ「フ ...

有名ブランドの特徴 ドイツ

ローゼンタール|伝統を守りつつ、デザイナーとのコラボで新たな食卓文化を創り続けているドイツの独創的な窯

2019/07/05    ,

「アンティーク風の食器もいいけど、北欧デザインも好き」「毎日使いたいから、シンプルかつデザイン性のあるものがいいな」―食器に関する希望は尽きないものですね。 そんな方にお勧めのが「ローゼンタール(Ro ...

有名ブランドの特徴 ドイツ

ビレロイ&ボッホ|ドイツの実用性とフランスの気品を兼ね備えたテーブルウェアブランド

「食器は割れやすいものだから耐久性があり、お手入れも簡単なものがいい。でも、毎日使っても飽きない、素敵なデザインのものがいいな・・・」。 そんな風にお考えの方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな方に ...

洋食器とゆかりの深い人物 18世紀

ヨハン・ヨハヒム・ケンドラー|陶磁器による造型を確立!マイセンが誇る天才彫刻家

マイセン磁器と造型!天才彫刻家ケンドラーの登場 創始者であるアウグスト強王によってその歴史が始まって以来、今なお300年以上に渡り愛され続ける、ドイツが誇る老舗磁器ブランドのマイセン。 その始まりから ...

洋食器とゆかりの深い人物 18世紀

ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト|マイセン磁器に鮮やかな色彩をもたらした天才絵付け師!

ウィーンからマイセンへ!きっかけはマイセンの職人による裏切りだった!? 東洋磁器の熱烈なコレクターとして有名!強健王の異名でも知られるザクセン選帝侯兼ポーランド王であったアウグスト強王。 出典: Wi ...

Copyright© ヨーロッパのブランド食器の世界 , 2019 All Rights Reserved.