「 ナポレオン 」 一覧

有名ブランドの特徴 フランス

ロワイヤル・リモージュ|マリー・アントワネットや歴代の王が愛用した食器を現代に蘇らせる!フランス王室の御用達窯

フランス宮廷の世界がお好きな方、マリー・アントワネットのために作られた食器の「復刻版」が手に入るってご存じですか?「ロワイヤル・リモージュ」というフランスの王室御用達窯は、歴史と伝統に培われた高い技術のもと、世界各国の美術館に展示されている作品の復刻を許された窯なのです!

有名ブランドの特徴 フランス

セーブル|ポンパドゥール夫人からマリー・アントワネット、ナポレオンまでも魅了したフランス王室・皇帝の御用達窯

超一流の窯がフランスにあるのをご存知ですか?その名は「セーブル」。食器が好きでも初めて耳にする方もいらっしゃるかもしれませんね。それもそのはず。大量生産はしない窯で、作品自体がかなり希少な逸品だからです。マンガ「ベルサイユのばら」などフランスの宮廷文化や女性的なロココ調デザインがお好きな方、必見ですよ!

有名ブランドの特徴 フランス

ベルナルド|世界中の一流シェフや星つきレストランが愛してやまないフランスの食器

「料理が映える洋食器がほしい」「特別な人を招待して、ゆっくり料理でもてなしたい」―もし、あなたがそうお思いでしたら、ぴったりの食器がありますよ。 その名は「ベルナルド」。美食の国フランスで生まれたブラ ...

洋食器とゆかりの深い人物 18世紀

カルロス3世とマリア・アマリア|ドイツから、イタリア、そしてスペインへ!政略結婚によって広まったマイセン磁器の技術

ナポリ・シチリアの若き王カルロス3世 ナポリ・シチリアの王として即位し、後に王位を息子に譲ってスペイン王となるカルロス3世(1716-1788)は、スペイン王フェリペ5世と、彼の2番目の妃でイタリア北 ...

有名ブランドの特徴 ドイツ

ヘキスト|マイセンに次ぎ、ドイツで2番目に長い歴史を誇る「幻の名窯」

知る人ぞ知る!長い伝統を誇るドイツのブランド ドイツの窯と言えば、マイセン(Meissen)をまず思い浮かべる方が多いでしょう。しかし、マイセン以外には思い浮かばない方もいらっしゃるかもしれませんね。 ...

洋食器が好きなら訪れたい街 フランス

ディゴワン、サルグミーヌ|「カフェオレボール」の産地として有名な、フランスとドイツの間で揺れ動いた街

フランスとドイツ国境の街「サルグミーヌ」 サルグミーヌ(Sarreguemines)は、フランス・アルザス地方のストラスブールから電車で約1時間半、グラン・テスト地域圏のモゼル県にあります。古くはアル ...

洋食器とゆかりの深い人物 19世紀

マリー・ルイーズ|政略結婚のため憎むべき存在「皇帝ナポレオン」の二番目の妃となったハプスブルク家の皇女

憎むべき存在「皇帝ナポレオン」 マリー・ルイーズ(Maria Luisa、1791-1847)は、神聖ローマ皇帝フランツ2世(Franz II、1768-1835)の長女として、現オーストリアのウィー ...

洋食器とゆかりの深い人物 19世紀

ジョゼフィーヌ|夫の成功は妻次第?!最高の「あげまん」だった皇帝ナポレオンの最初の妻

最高の「あげまん」だったジョゼフィーヌ ジョゼフィーヌ(Joséphine de Beauharnais、1763-1814)は、いわゆる没落貴族の娘として、マルティニック島のトロワ・ジレに生まれます ...

洋食器が好きなら訪れたい街 フランス

クレイユ、モントロー|イギリス風のフランス陶器「クレイユ・モントロー」を生んだ2つの街

モントロー ― ウェッジウッドに負けないものを モントロー(Montereau)は、フランスの首都パリの南東郊外に位置する人口2万人ほどの小さな街です。この街の正式名称は、モントロー=フォール=ヨンヌ ...

洋食器が好きなら訪れたい街 フランス

ロンウィ|皇帝ナポレオンも愛した華やかなエナメル装飾「ロンウィ焼き」と、世界遺産となった城塞の街

フランス、ベルギー、ルクセンブルクの国境近くの城塞の街ロンウィ パリからTGVで約1時間半のところにある北フランスのロレーヌ地方。自然豊かな県がたくさんあり、また独自の文化やバラエティー豊かな伝統の味 ...

Copyright© ヨーロッパのブランド食器の世界 , 2019 All Rights Reserved.